topimage

2010-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せつない話 - 2010.07.28 Wed


ここしばらく北京行きもご無沙汰です。

7月初めの北海道旅行の最中に、wendy が緊急手術を受けました。


IMG_2678.jpg


娘の古いTシャツを着せられて、暑いので、床にぺたっとくっついて寝ているところです。


IMG_2681.jpg


極度の貧血で立てなくなっていたウェンディを、獣医さんに連れて行ったら、

脾臓にできていた腫瘍が破裂していて、輸血用の血液が手配できたら緊急手術ということになりました。

私は北海道にいて、祈るしかなかったのですが、

手術は無事終わり、4日間入院したのです。

この写真は、術後お腹に溜まるしょう液(透明な液)をドレーンで抜いているところです。

お腹に小さな穴をあけて、細い管を入れて、ときどき注射器で抜いてやるのです。

これがきれいになくなれば、抜糸です。



でも、もともとアトピーで、痒みと闘っているウェンディに出していただいている

ステロイドが傷の回復によくないとのことで、痒み止めのお薬を絶っているので、

痒くて痒くて・・・でも、掻いて傷が悪くなってはいけないので、

この暑さの中で、ネットをつけ、Tシャツを着せ、

いつもとは違う姿になっています。


IMG_2684.jpg


いつも注射器をつけていて、痛々しい姿でした。


IMG_2694.jpg


緊急手術で取り出した脾臓を、病理検査に出したところ、

血管肉腫という悪性のがんに侵されていることが分かりました。



抜糸の済んだあと、なるべく早くということで、

先週から、抗がん剤治療が始まりました。

人のように、強い副作用はないようですが、それでも、慎重に様子を見ているところです。



3人がかりで30分、押さえつけての点滴が終わって、

疲れて、ぺたっとしているウェンディです。


IMG_2703.jpg


年齢は13歳と半年。

人間だと90歳に近いのでしょうか。

この半年の間にどんどん目が見えなくなって、今は全く見えていません。

家の中でも、あちこちにぶつかって、ホントにかわいそうで・・・


IMG_2705.jpg



ウェンディって、名前を呼ぶと目が合うことが切ないのです、

ホントは見えてないのに・・・

私たちの願いは、この子を少しでも苦しませないで、

穏やかに送ってやりたい・・・そう思います。


長い間私たちに、いっぱい幸せをくれた子ですから、

せいいっぱいのありがとうを込めて、見守っているところです。


ということで、今日はウェンディの写真が6枚

こういうつらいことも受け入れて、毎日を暮らして行くのですね。




たくさんの飼い主さんが経験されていることですが、やっぱりね・・・



スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

wendymam

Author:wendymam
主人と2人で、我が家の庭をみんなのくつろぎの場所として、コツコツ作り上げてきました。
いつの間にか、大人になってしまった娘と、いつの間にかミュージシャンになってしまった息子と、いつの間にかおばあちゃんになってしまったラブラドールのwendyと、本物のおばあちゃんと一緒に暮らしています。
2011年12月31日にwendyは星になってしまいました。
そして、2013年2月1日に主人と私は、おじいちゃんとおばあちゃんになってしまいました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。