topimage

2011-09

幸福積善ボランティア大使・・・北京へ飛び立つ理由 - 2011.09.29 Thu


朝夕の気温がぐっと下がり、庭のアロニアの実が赤くなってきました。

IMG_7297.jpg

この朱赤の実が、もっと濃いあかになるまで、あと数週間。



** ** ** **


ちょうどその頃。


昨の年12月以来、久しぶりに北京に行くことになりました。

今度の北京行きは、いつもとは全然違う目的です。


幸福積善ボランティア大使・・・


作家の玉岡かおるさんが団長となって、8名の大使が北京に参ります。



この幸福積善大使には、

育脳インストラクター、人材育成セミナー講師アロマセラピストクラフト作家スイーツプランナーソープアーチストフラワーデザイナ

そして、私の担当はガーデニング。


それぞれの方が、中華学院という大学でワークショップを行います。



ここまでは、他人事のように説明できるのですが・・・



この訪中の使命は何なのか・・・



リアルな答えは、なかなか見つからず、「ホントに私でいいのか・・・」などと、

その場に釘づけになってしまう日々が続きました。




そうして、9/12に第1回の委員会が持たれ、玉岡かおるさんのお話しを伺い、

他の大使の方にお目にかかり、

同じような不安を共有しながら、それでも、それぞれの小さな力を集めて、

きらきらしたパワーに変えていこうと、みんなが前向きに動き出しました。


ガーデニングの北京での課題は、冬の寒さです。

真冬はマイナス17度、室内は全館暖房でTシャツ一枚。



兵庫県では想像できない過酷な環境を前に、

北京を視察された園芸業者さんは「ここでガーデニングは難しいな」と感じられたそうです。

お商売としてはそうなんでしょうね。




ですが、私たちの訪中は、生活文化交流で、

この文化交流が先ずあって、中国の方がご自分の文化として育てていかれる、

その小さなきっかけになるとしたら、これはすごいことだと思うのです。



どんなすごいワークショップが出来るか・・・ではなく、種をまくのです。



こうして、少しずつ確かになっていく覚悟が、決意になって、

やっとブログにUPしようと思えたのです。



そして、訪中までのお勉強として、多くの本やDVDが送られてくるのですが、

もう一つ、お土産として、「ハッピーうさちゃん」を作って持参すること。


いろいろ準備で、時間をとりそうなので、

「ハッピーうさちゃん」だけは早く作ろう!!

そう思って・・・・・


IMG_7290.jpg


やった~できた~\(^o^)/


かわいいでしょう!!


IMG_7292.jpg



玉岡かおるさん著の「お家さん」の主人公よねさんの言葉です。

「繕う、という字は糸へんに善と書きますやろ。善うなるように、善うなるように、

心をこめてせっせと糸を縫い込めるしか、女の私にはできんのだす。」




どんな子がこのうさちゃんを持ってくれるのかしら・・・と、

昨夜、想いを馳せながら、夢中でちくちくやっていたら、朝になっていました。



IMG_7293.jpg



キットに入っていた小さなくまちゃんは、ポケットを作って入れました。

もう、かわいくてかわいくて・・・



この「ハッピーうさちゃん」も小さな親善大使ですね。





この幸福積善大使のことをそれぞれの大使の方が、ブログで発信しています。



* アロマセラピストさん


* クラフト作家さん


みんなの思いが繋がっていく・・・そんな言葉が綴られています


ご覧になってくださいね。






スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

wendymam

Author:wendymam
主人と2人で、我が家の庭をみんなのくつろぎの場所として、コツコツ作り上げてきました。
いつの間にか、大人になってしまった娘と、いつの間にかミュージシャンになってしまった息子と、いつの間にかおばあちゃんになってしまったラブラドールのwendyと、本物のおばあちゃんと一緒に暮らしています。
2011年12月31日にwendyは星になってしまいました。
そして、2013年2月1日に主人と私は、おじいちゃんとおばあちゃんになってしまいました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する