topimage

2012-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産、吉野山 - 2012.11.13 Tue


11月10日(土)園芸大学の講義が奈良県吉野山でありました。

三田からは、電車でたっぷり3時間。

「何でこの時期に吉野?」と思いながらも、垂水からの友人と梅田駅で合流して、

後は、い~っぱいおしゃべりしながらの旅でした。



IMG_7904.jpg


先ずは、校長先生のお話しを聞いて、

七曲りというハイキングコースを樹木医の天野先生と一緒に、

1時間ほどかけてゆっくり登りました。


IMG_7907.jpg


野鳥が多く生息してるためか、害虫の発生は少ないようですが、

樹齢100年以上の老木?には、地衣類のウメノキゴケが着生していて、樹が弱ってきています。



こうなると、森林浴の効用とされる、

フィトンチッドを樹木が発散することができなくなってしまうのだそうです。




すでに、紅葉が進んでいるというより、樹勢の衰えから早く葉を落としてしまっていて、

桜の紅葉はほとんど見られません。


IMG_7908.jpg


まだ落葉していなくて、紅葉が見られる樹は、樹皮が綺麗でした。


しかも、ならたけ病などの土壌伝染病が全山に広がり、これを回復させるのは難しいようです。


IMG_7910.jpg



更に、これはてんぐ巣病といって、カビの一種によっておこる伝染病です。

こうなった枝には花が咲きません。


大木の桜の大きな枝に、これがいっぱいついていて、

大木の割に花が少ない原因になっています。




IMG_7946.jpg


確かにモミジの紅葉は美しいのですが、

桜以外の季節にも観光客をよぼうと、アジサイがたくさん植えられていたり・・・

紅葉を楽しむために、植えられるモミジが桜を枯らしたり・・・



地元の方たちの、粘り強い努力のおかげで、2004年には世界遺産に登録されているのに、

吉野山はどうなってしまうのかしらと、悲しくなるほどの惨状です。



吉野山の桜は、ほとんどはヤマザクラで、

急斜面に植えられているため、遠くからの眺めが素晴らしいのですが、

実際に山に入って近くで見ると、これからの保全が大変なことだと感じました。



IMG_7930.jpg


吉野山は、修験道の開祖「役の行者・・・神変大菩薩」のゆかりの山ですから、

梵天袈裟やホラ貝がくっついた、こんな看板もありました。



IMG_7942.jpg


この白い樹皮の林は、「キハダ」という樹で、

この樹皮の内皮を乾燥させてできる、生薬の黄柏(おうはく)は、

健胃整腸剤になります。


IMG_7933.jpg


吉野では、この藤井の陀羅尼助丸・・・本家って看板もありますね。


役の行者がこの薬を作り、多くの人を助けたという話もあります。



IMG_7949.jpg


勉強の為に訪れた吉野でしたが、紅葉狩りも楽しんだ、秋の一日でした。





お昼の柿の葉ずし・・・おいしかった・・・写真撮るの忘れた。。。



スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

wendymam

Author:wendymam
主人と2人で、我が家の庭をみんなのくつろぎの場所として、コツコツ作り上げてきました。
いつの間にか、大人になってしまった娘と、いつの間にかミュージシャンになってしまった息子と、いつの間にかおばあちゃんになってしまったラブラドールのwendyと、本物のおばあちゃんと一緒に暮らしています。
2011年12月31日にwendyは星になってしまいました。
そして、2013年2月1日に主人と私は、おじいちゃんとおばあちゃんになってしまいました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。