topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

但馬高原植物園 癒しの森ツアー 2日目 - 2007.11.22 Thu


朝6時におきたら、窓の外は雲海が広がっていました。
朝風呂に入ろう!!
それに夢中で、写真を撮るのを忘れていました。

これは、朝食後の景色です。

IMG_5341.jpg


天気予報は雨。ところが・・・なんていい天気!!
快晴でした。
雨天のプログラムで、クラフトをする予定でしたが、
部屋の中ではもったいないと、急遽、予定は変更!!

植物園の田丸先生も2日目の案内を、早朝から引き受けてくださって、
紅葉真っ盛りの園内を散策です。

青空の下では、紅葉も映え、池に写る景色も信じられないほど、
鮮やかでした。

IMG_5358.jpg


朝の光がさして、山道もしっとりした景色で、枯葉の舞う
かさかさとした音のなかで、香ばしい匂いがしていました。

IMG_5359.jpg

木漏れ日が、きらきらしていました。

IMG_5377.jpg

山道を抜けて、広い芝生広場に出たときに、不思議な光景に出会いました。
山の木々は、高い木だと30メートルくらいあるのですが、
その木々を越えて、遠くの山から気流に乗って、落ち葉がきらきらひかりながら、私たちのほうへ落ちてくるのです。
雲ひとつない青い空から、キラキラ舞う落ち葉が生まれてくるような光景は、藤岡先生先生も田丸先生も「こんなのみたことな~い」って・・・
感動的なこの現象は、5分ほど降り注いで、落ち葉は消えてしまいました。

IMG_5388.jpg

ひろばで、お昼のお弁当をいただいて、草原にねころがってみました。
空は青くて、地面のにおいや踏みしめた枯葉のかさかさという音は
どんなに、いい写真をいっぱい撮っても、その場所に自分が立ってみて初めて感じることができる、コレが体感すると言うコトなんだと思いました。

但馬高原植物園は、兵庫県の故郷のようなところでした。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chamomilepot.blog99.fc2.com/tb.php/61-b5412c28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メアリーマグダリン&エブリン «  | BLOG TOP |  » 但馬高原植物園 癒しの森ツアー

プロフィール

wendymam

Author:wendymam
主人と2人で、我が家の庭をみんなのくつろぎの場所として、コツコツ作り上げてきました。
いつの間にか、大人になってしまった娘と、いつの間にかミュージシャンになってしまった息子と、いつの間にかおばあちゃんになってしまったラブラドールのwendyと、本物のおばあちゃんと一緒に暮らしています。
2011年12月31日にwendyは星になってしまいました。
そして、2013年2月1日に主人と私は、おじいちゃんとおばあちゃんになってしまいました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。